ポリ乳酸系樹脂を用いた積層フィルム

Abstract

本発明は、基材フィルムの少なくとも片面に水溶性樹脂層とポリ乳酸系樹脂層とが各1層以上積層され、水溶性樹脂層の厚みが0.1〜15μmであり、かつポリ乳酸系樹脂層の厚みが10〜500nmであることを特徴とする積層フィルムを提供する。このような構成により、基材フィルムから水溶性樹脂層とポリ乳酸系樹脂層を容易に剥離でき、柔軟かつ曲面である被着体に対する追随性、密着性、被覆性に優れ、また、皮膚、内臓等の臓器などへの適合性に優れており、創傷被覆剤、癒着防止剤、スキンケア用品などの皮膚外用剤として最適な積層フィルムを得ることができる。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (8)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2000189509-AJuly 11, 2000Shimadzu Corp, 株式会社島津製作所生体吸収性医療用フィルム
      JP-2006006448-AJanuary 12, 2006Teijin Ltd, 帝人株式会社剥離シート付き癒着防止材
      JP-2008109979-AMay 15, 2008Mitsuhiro Fujino, Kazuyoshi Hanazawa, Sumihiro Kamiya, Kawasumi Lab Inc, Toru Tani, Yoshihiro Tsutamoto, 川澄化学工業株式会社, 純広 神谷, 一芳 花澤, 慶裕 蔦本, 光廣 藤野, 徹 谷Antiadhesive material
      JP-2009233919-AOctober 15, 2009Toray Ind Inc, 東レ株式会社Antistatic laminated polyester film for mold release
      JP-H01229805-ASeptember 13, 1989Toray Ind IncHigh-strength water-soluble polyvinyl alcohol-based fiber and production thereof
      WO-2006095668-A1September 14, 2006Toray Industries, Inc.Microparticule et composition pharmaceutique
      WO-2011046226-A1April 21, 2011株式会社バイオナノシータ, ロート製薬株式会社Dispersion d'un film ultramince macromoléculaire et son procédé de préparation
      WO-2011081162-A1July 07, 2011川澄化学工業株式会社, 国立大学法人滋賀医科大学Anti-adhesion material

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle